東京ドクターズ  |  病院・クリニック・歯医者・動物病院の検索・口コミサイト

院長先生

― 歯科医師(千代田区)―

岡村 立国 院長/岡村デンタルクリニック(神保町駅・矯正歯科)の院長紹介ページ

岡村 立国 院長

TACHIKUNI OKAMURA

患者様の真の利益を追求。地域に根差した総合的医療サービス。

大学卒業後、開業医のもとで経験を積み、神保町駅から徒歩2分の当地に開院。

岡村 立国 院長

岡村 立国 院長

岡村デンタルクリニック

千代田区/神田神保町/神保町駅

  • ●矯正歯科
  • ●歯科

患者様の期待に応えるため、知識を日々アップデート。

岡村 立国 院長

私はブラックジャックという漫画がすごく好きだったんです。それまで「ただただ怖い…」というイメージしかお医者さんには抱いてなかったのですが、彼(ブラックジャック)は違いました。ドライにお金で病気を治すという顔の裏側に、いつも優しさというものを持っていたんです。子供心に、「こんな先生になりたい」と。最初のきっかけとしては、まったく志は高くなかったということですね(笑)。
私は大学を卒業後、すぐに開業医の先生の元で勤務を始めました。その最初の医院の先生との出会いが、その後の私を形作ってくれたと思っています。
「歯医者さんは、歯を治すだけではなくて人の顔を司る機能を治していく役割を担っている。だからこそ、木を見て森を見ずではダメで、常にお顔全体を見ながら治療を進めていきなさい。」 先生がよく仰っていたことです。この仕事に対して真摯に向き合えるようになったのも先生と出会ったからこそで、感謝しきれないご恩を受けたと思っています。
歯科・矯正歯科の『岡村デンタルクリニック』は2003年に半蔵門線・都営新宿線・都営三田線神保町駅から徒歩2分の当地に開院し、現在、11年目に入っています。私は、自分のことを修行僧だと思っているんです。と言いますのも、歯科は技術的な要素が非常に高い分野であり、インプラント等、外科系のエビデンスというものは刻一刻と変わっていきます。最新の知識に基づいた治療を患者さんに提供していくには、常にアップデートをしていかなければなりません。また、ありがたいことにそうしたことを期待してわざわざ遠くからお見えになる方が多数いらっしゃいます。その期待に応えたいと思いますし、「来てよかった」と思っていただけるよう、今後も日々の研鑽を大事にしていきたいと考えています。

患者さんにとって、本当の意味での利益を追求。

岡村 立国 院長

これも師匠である先生に教わったことですが……先生は患者さんに対して決して優しくない方でした。言葉はべらんめえ調でしたしね(笑)。不思議に思って、ある日、「なぜ患者さんに支持されるんですか?」と尋ねたことがあったんです。先生曰く、「簡単だよ」と。「自分の身内だと思って治療すれば良い。身内に対して迎合することはしないし、本音でぶつかっていくからこそ、患者さんは心を開いてくれる。そうでなければ、実際に患者さんが望むものは見えなくなってしまう。」
非常に衝撃を受けました。もちろん患者さんに寄り添っていくのも1つの治療の形だし、それは責められるべきものではありません。しかし、時にその姿勢が自らの治療スタンスを忘れることになり、結果、患者さんの本当の意味での不利益につながる危険性を考えてみるべきだと思うんです。 私は性格上、先生のようにべらんめえ調ではお話し出来ません(苦笑)。表面上の方法は異なりますが、丁寧かつ、良いことも悪いことも包み隠さずご説明することで、患者さんが胸の内を思うさま述べていただけるように努めていきたいと思っています。

再生療法など最新の技術を導入し、患者様のニーズに応える。

岡村 立国 院長

当院には隣り合う2つのオフィスがあり、地下のオフィスではインプラントや歯周外科等の外科的治療をおこなっています。歯周外科とは主に歯槽膿漏の処置であり、最近では歯肉そのものの再生療法を取り扱っています。私どもは、血液からPRGFと呼ばれる自己成長因子を採取し、それを患部に塗布することで歯肉の再生を図っていく方法を採用しています。これはいわゆる骨の再生療法にも応用が可能なもので、これまで莫大な時間が掛かっていた骨の再生のスピードを短縮することを可能にします。今後更なる発展が期待出来る治療であり、私自身も試行錯誤しつつ、患者さんに新たな選択肢をご提供出来ればと考えています。

歯科医院がインフルエンザ等の感染源となることも。

外科用の空気清浄機を設置し、空気中の菌を除去する。あるいは、お口に入る器具類を1つひとつ消毒減菌して治療をおこなう。私どもが実施している院内感染予防の1例です。
信じたくはないことですが、歯科医院がインフルエンザ等の感染源となっているという報告があります。不特定多数の方が集まり、なおかつお口を触るのが歯医者の仕事ですから、そうした懸念があることも事実です。だからこそ、当院ではそうしたことが起こることのないよう、徹底して丁寧に作業をおこなわせていただいています。万全を期して、患者さんが安心して受診していただけるように配慮していきたいですね。

これから受診される患者さんへ。

欧米では、歯科は口元、顎顔面領域を扱うスペシャリストとして認識されています。日本では考えられないことですが、海の向こうでは救急医療の現場に歯科が携わり、内科や外科の先生達と一緒に仕事をされています。これを考えますと、日本において医科と歯科とに区分されていることが、結果的に患者さんのデメリットとなっている部分も少なくないのではないでしょうか。
とはいえ、手をこまねいている暇はありません。例えば、「食」。お口が重要な役割を担うこの問題に関して、今現在でも他医療機関と連携してお役に立てることがあります。当院では高い意識を持って努力をし続け、地域に根差した総合的医療サービスをおこなっていきたいと考えています。
※上記記事は2014.3に取材したものです。
時間の経過による変化があることをご了承ください。

岡村 立国 院長 MEMO

  • 生年月日:1972年1月7日
  • 出身地:東京都
  • 血液型:O型
  • 趣味・特技:マリンスポーツ/英語・中国語
  • 愛読書・本:歯科関連書籍
  • 好きな映画:再会の街で
  • 好きな言葉・座右の銘:千日の稽古を鍛とし、万日の稽古を練とす
  • 好きな音楽・アーティスト:オールジャンル/小田和正、ジャック・ジョンソン
  • 好きな場所・観光地:ハワイ

グラフで見る『岡村 立国 院長』のタイプ

穏やかで明るく話しやすい先生

穏やかでやさしく
話しやすい
エネルギッシュで
明るく話しやすい

先生を取材したスタッフまたはライターの回答より

どちらかというと
穏やかで明るく話しやすいタイプ
穏やかでやさしく
話しやすい
エネルギッシュで
明るく話しやすい

先生を取材したスタッフまたはライターの回答より

CLINIC INFORMATION

  • Facebook
  • Twitter
  • Google+
  • YouTube 街の人の口コミ
  • YouTube 患者の口コミ
  • YouTube 病院徒歩ルート