千代田区ドクターズ  |  病院・クリニック・歯医者・動物病院の検索・声サイト

院長先生

― 医師(千代田区)―

赤松 将之 院長 /神田多町クリニック(神田駅・内科)の院長紹介ページ

赤松 将之 院長

MASAYUKI AKAMATSU

予防と治療を一緒に考え、本当の意味で
健康を守るための新しいクリニック

順天堂大学医学部卒業後、同大学付属病院勤務。平成18年11月赤松医院理事長就任。2017年5月、神田に神田多町クリニックを開院。(JR・銀座線神田駅から徒歩5分)画像診断門専門医。医学博士。認定産業医

赤松 将之 院長

赤松 将之 院長

神田多町クリニック

千代田区/神田多町/神田駅

  • ●内科
  • ●放射線科

出勤前に受診・健診が可能。働く人に寄りそうクリニック

赤松 将之 院長

昨年、2017年5月に開院したばかりの当院は、健康診断に力を入れている内科、放射線科のクリニックです。胸部レントゲン、心電図、超音波検査のほか、視力・聴力検査、血液生化学検査、尿検査も当院で行えます。長い間、母校の順天堂大学の付属病院で画像診断を専門に診療、研究をしてきました。そして自身のクリニックを開くなら、地域の人のかかりつけ医になる、それも予防に力を入れた診療で、という夢を持ち続けてきて、実現したのが当院です。
最大の特徴は朝7時半から開院していることです。これまでの経験から、働く人たちにどうにか便利に診察や検診を受けてもらえる方法はないかと考えてきました。一般的には、医院にくるためにはどうしても勤務時間を犠牲にするしかなく、そのために足が遠のいてしまうからです。郊外のクリニックには夜遅くまでやっている医院も増えてきましたよね。でも、この都心の神田で行うなら、逆に始業前の時間のほうが都合がいい方が多いと考え、このようなやり方に落ち着きました。
神田は昔からなじみのある場所ということで選んだ町です。神田、淡路町、小川町、秋葉原とさまざまな駅が近くて働く人たちに便がいいこと、なにかあったら紹介できる大病院が多いことも理由です。

医師自身が検査し、その場で説明ができるから詳細な結果説明が可能に

赤松 将之 院長

さらに当院の強みを挙げるなら、医師自身がその場で検査を行いますので、すぐに結果を聞けるということがありますね。検査する人間と診断する人間が同じなので、よりダイレクトに詳しく説明できるという利点もあります。超音波検査などは、その場で検査をしながら状態を説明できたりもしますので、ささいな質問にもお答えできますし、よりご自身の身体について詳しく知ることができます。あとは、毎週数百単位の画像を診ておりますので、診断には自信があると言えると思います。
日頃から、ちょっとした気になることがあれば、身軽に来てさっと検査して、疑問はその場で医師に聞いて解決しておく。そんな流れができていれば、病気もずいぶん防げると思うのです。こんな形のクリニックがもっと増えていけばいい、とも思いますね。

画像診療を生かした診療へ

赤松 将之 院長

もともと父親が内科医で、医師になることは自然な道でした。医師というか、なにか社会に貢献できるような仕事がしたくて医師を選んだという感じです。放射線科に進んだのは、画像診断というものが今程注目されていない印象があり、将来的には健診や一般診療で重要であると思ったからです。この頃から将来的には健康診断を重視し、そのまま治療へつながるような医療をやりたいと考えていました。
時代という話で言えば、今だからこそ、このような早朝診療を始めたということもあります。それこそバブル時やその前なら、勤務時間中にちょっと抜け出して病院へ、ということも簡単にできたので、あまり不都合はなかったんです。でも今はそれが出来ない人が多くなりました。だからこそ、病気になった時や体調の悪い時に、身近な町のクリニックの利便性が必要と思い、今の時代にあったやり方ということで、このような診療スタイルになりました。

健康診断は受けるだけでなく、受けたあとの説明こそが肝心

健康診断についてはいろんなことが言われています。良い意味でも悪い意味でも、特定健診などの制度として安価に受けられる検査があるのなら、まずは健診を受けたほうが良いと思います。
健診の項目に関しては無意味な検査はないと考えられます。定期的に自分の身体を観察することは健康に暮らすために重要です。
結果を見て、大丈夫と安心するだけでなく今後に生かしていく事が必要です。例えば経過観察、という結果もよくありますよね。どうもこれが出ると”じゃあ来年また受ければいいのか”と、当面なにもしなくてよいと受け止められがちなのですが、そうではないんです。経過観察ということは、なにかしら異常が出ているということです。本当は一年後ではなく、生活習慣などを早めに変えるべきなんです。
健診は結果をどう受け入れるかが大事で、毎年結果を比較し、結果について自己判断ではなく、医師からアドバイスを受けることをオススメしています。

これから受診される患者さんへ

当院は朝7時30分から診療を開始しておりますので、診療後に職場に向かう事が可能です。出勤前にお気軽にお越しください。
体調の悪い方や慢性疾患の方はもちろん、健康診断を希望される方も多く来院されております。
クリニックや病院にかかるというのは敷居が高く、億劫なものだとは思うのですが、こちらもできるだけその敷居を下げたいと思っていますので、ぜひ気楽に来てください。診察ではなく、相談、というくらいの気持ちでちょうど良いと思います。

※上記記事は2018年3月に取材したものです。
時間の経過による変化があることをご了承ください。

赤松 将之 院長  MEMO

  • 出身地:神奈川県
  • 趣味:将棋とドライブ。将棋はここ数年忙しくてかなりおやすみ状態ですが(泣)。
  • 好きなもの:車

グラフで見る『赤松 将之 院長 』のタイプ

穏やかで明るく話しやすい先生

穏やかでやさしく
話しやすい
エネルギッシュで
明るく話しやすい

先生を取材したスタッフまたはライターの回答より

穏やかで明るく話しやすい先生
穏やかでやさしく
話しやすい
エネルギッシュで
明るく話しやすい

先生を取材したスタッフまたはライターの回答より

CLINIC INFORMATION

  • Facebook
  • Twitter
  • Google+
  • YouTube 街の人の声
  • YouTube 患者の声
  • YouTube 病院徒歩ルート