千代田区ドクターズ  |  病院・クリニック・歯医者・動物病院の検索・声サイト

院長先生

― 医師(千代田区)―

平井 良治 院長/末広町ヒライ耳鼻咽喉科(末広町駅・耳鼻咽喉科)の院長紹介ページ

平井 良治 院長

RYOJI HIRAI

大学病院での診察経験と多彩な機器による治療
患者さんが見て分かる診療を大切にする

日本大学医学部卒業後、日赤医療センターで研修を受け、母校に所属。首都圏各地にある関連病院で研鑽を積む。米国ピッツバーグ大学に声の診療をテーマとして留学。2018年、末広町ヒライ耳鼻咽喉科を開院(銀座線末広町駅から徒歩2分)。 

平井 良治 院長

平井 良治 院長

末広町ヒライ耳鼻咽喉科

千代田区/外神田/末広町駅

  • ●耳鼻咽喉科
  • ●小児耳鼻咽喉科
  • ●アレルギー科

生まれ育った地で経験を生かし、人のためになる医療を

平井 良治 院長

私の家は父が弁護士を、祖父も弁護士と裁判官をしており文系の家系でしたが、私だけは理系に興味を持ちました。理系への興味を生かせること、直接人と関わり人のためになるということに魅かれ、医師の道を選びました。専門に耳鼻科を選んだのは、診察するフィールドが大きいことに惹かれたからです。手術をおこなう外科的な要素もあれば、診察を主とした内科的な要素も多く、顕微鏡一つあれば診察が可能ですので、生涯現役で診察できることにも魅力を感じましたね。
大学卒業後は東京の広尾にある日赤医療センターで研修医となり、その後母校に所属。日本大学の病院を中心に首都圏各地にある関連病院で研鑽を積みました。その後、米国ピッツバーグ大学に声の診療をテーマとして留学。帰国後、都立広尾病院で医長、その後日大板橋病院で病棟医長をし生まれ育った地元でこれまで培った経験を生かした治療を提供したいと考え、2018年、末広町ヒライ耳鼻咽喉科を開院いたしました(銀座線末広町駅2番出口から徒歩2分)。

喉や鼻のちょっとしたお悩みから重い病気まで、幅広い症状に対応

平井 良治 院長

神田は私自身が生まれ育った場所でもあり、とてもなじみがある地域です。小さい頃は神田寺幼稚園、芳林小学校(現 昌平小学校)で学びました。神田明神のお神輿を担いだこともあるんですよ。よい場所を探すのは多少時間がかかりましたが、こうしてお世話になった地元で開院することができました。
当院の診療科目は耳鼻科咽喉科、アレルギー科、小児耳鼻咽喉科です。大学病院では、声の疾患、癌や中耳疾患、鼻アレルギー症状から耳管と呼ばれる鼻と耳をつなぐ場所の難しい症例まで、幅広く診察をしていました。お子さんであれば鼻水や中耳炎、イビキ、大人の方であれば、ちょっと耳が聞こえづらいといった軽い症状から耳管開放症や突発性難聴などまで対応しています。
患者さんは周辺にお住まいの方が多いですが、最近は近くにお勤めしているビジネスマンやOLの方も増えています。お子さんからご高齢の方まで幅広く診療をしていきたいですね。

総合病院並みの多彩な検査機器を併用した診療

平井 良治 院長

当院は多彩な検査機器を揃えていることも特徴の一つです。耳鼻科専用のCTを導入。ほかにも聴力検査や耳管機能検査,頚部エコーなど、ほかの病院ではあまり導入していない機器を導入しています。耳鼻科専用CTでは中耳や副鼻腔、耳管といった場所の検査をより詳しくおこなうことができます。それによって副鼻腔炎や中耳炎、耳管開放症といった症状の診断が容易になるのが大きなメリットです。また、座って検査するタイプですので、横になる場合に比べて心理的負担が少ないですし、耳管開放症など、横になると症状がなくなってしまう病気の検査に特に効果的です。検査時に使用する機器も、放射線が少ないものを導入していますので、安心して検査を受けていただけます。ほかにも甲状腺の検査でがんの有無が確認できる頚部エコーもあり、アレルギー検査、血液検査もおこなうことが可能です。喉や鼻の違和感、咳などの症状がある場合、インフルエンザの検査も高感度迅速検査もあります。
治療では必要に応じて抗生物質や消炎剤などの内服薬を使用したり、炎症をやわらげる薬液を耳にたらします。症状が重く腫れや痛みが強い場合には、溜まった膿を排出するための切開処置も可能です。お子さんから大人の方までアレルギー治療にも対応しており、ネブライザーと呼ばれる薬の吸入器やレーザーによる治療をおこなっています。ネブライザーのそばにはテレビを設置していますので、お子さんも退屈せずに治療を受けられます。

患者さんが見て分かる診療を心がける

診療の際に大切にしていることは「患者さんが見て理解して頂く」ことですね。人間の情報は、9割がた視覚によると言われています。ですから言葉による説明だけではなく、見て分かることも重要です。しかし、耳の中は自分で見ることができません。痛みや熱がなければ病気について意識することもありませんし、手や足の傷と違い患部が見えなければ、治療や薬を使用する必要性もあまり強く感じないかも知れません。ですから特に、当院では患者さんが病気を見て分かることを大切にしています。診察用のイスに患者さん腰にかけてもらい、ファイバースコープを用いて耳や鼻の中を診療します。希望があれば患部をモニターに映して、一緒に見ながらご説明。画像は記録して、過去のデータと比較も可能です。正常な症例と患者さんの患部を比べて映し出すこともできるので、どこが悪いのか一目でお分かりいただけると思います。患者さんと一緒に診療する方が、ご本人も安心できますからね。

これから受診される患者さんへ

耳や鼻の症状では違和感がある、分からないことがあるといった方でも、受診を迷うことが少なくありません。しかし、ちょっとした症状の裏には突発性難聴やメニエール病など意外な病気が隠れている場合もあります。
当院は細々と診療しています(笑)…というのは冗談ですが、これまで大学病院や総合病院での診療経験を生かして、きちんとした設備で適切な治療をおこなっていきたいと考えています。耳がきこえずらい、ふさがった感じがする、耳垢が奥に残っていて自分では怖くて取れない、かゆみがあるなど、ちょっとしたことでもかまいませんのでご相談ください。また、今までの経験からどの様な症状が大きな病院での受診が必要か心得ています。今受けている方向性が合っているかというアドバイスも可能です。目に見える検査とご説明で、納得して治療を受けていただけることを大切にしていますので、鼻や耳のことで気になることがあれば、まずはお気軽にご相談ください。

※上記記事は2018年6月に取材したものです。
時間の経過による変化があることをご了承ください。

平井 良治 院長 MEMO

気管食道科専門医 /耳鼻咽喉科専門医 /アレルギー専門医

  • 出身地:東京都 
  • 趣味:自転車
  • 好きな本・作家:人生訓など
  • 好きな映画:ニュー・シネマ・パラダイス 
  • 座右の銘・好きな言葉:when you cease to dream you cease to live.
  • 好きな音楽・好きなアーティスト:洋楽
  • 好きな場所:上野公園界隈、アスレチック

グラフで見る『平井 良治 院長』のタイプ

穏やかでやさしく話しやすい先生

穏やかでやさしく
話しやすい
エネルギッシュで
明るく話しやすい

先生を取材したスタッフまたはライターの回答より

穏やかでやさしく話しやすい先生
穏やかでやさしく
話しやすい
エネルギッシュで
明るく話しやすい

先生を取材したスタッフまたはライターの回答より

CLINIC INFORMATION

  • Facebook
  • Twitter
  • Google+
  • YouTube 街の人の声
  • YouTube 患者の声
  • YouTube 病院徒歩ルート