千代田区ドクターズ  |  病院・クリニック・歯医者・動物病院の検索・口コミサイト

院長先生

― 医師(千代田区)―

吉野 真未 院長/神田須田町アイクリニック(淡路町駅・眼科)の院長紹介ページ

吉野 真未 院長

MAMI YOSHINO

「最新の知見」に基づいた「最適な治療」の提供を目指し、QOLの向上と健康維持に貢献。

大学卒業後、慶應義塾大学の眼科学教室に入局。その後、関東各地の出張病院で臨床、手術の経験を積んだのち、淡路町駅や小川町駅に近い当地で開業。

吉野 真未 院長

吉野 真未 院長

神田須田町アイクリニック

千代田区/神田須田町/淡路町駅

  • ●眼科
  • ●小児眼科

人のために尽くすことができる職業、その究極が医師だった。

吉野 真未 院長

きっかけは幼少時のこと。体が弱かった私は何度も病院にお世話になっていました。目に軟膏を塗られたり、鼻に棒を入れられたりの検査が苦手な子供でしたが、嫌な検査を我慢すれば辛かった症状が楽になっていくことを、不思議に思うと同時に面白いと感じたのです。カトリック系の学校にいた影響も大きく、将来は人のために尽くすことができる職業に就こうと思いました。その究極系として、患者さんと直接触れ合い手当てをして、幸せになってもらえる医師の道を選んだのです。
眼科に進んだ理由は、主治医として診察から外科手術まで一貫して治療を行い、患者さんと長くお付き合いできる部分に魅力を感じたからです。大学卒業後は慶應義塾大学の眼科学教室に入局し、眼科全般を勉強しました。それから関東各地で様々な出張病院で臨床、手術の経験を積むうちに地域医療の重要性に気づき、もっと患者さんに寄り添った治療をしたいと思っていたところ、とあるご縁から開業する運びとなりました。

どなたにも気軽に通えるクリニックを目指す。

吉野 真未 院長

白内障手術を行う、当グループの両国眼科クリニックにアクセスしやすく近隣の病院と提携でき、どなたでも気軽にご来院いただけるクリニックとして、この場所に開院させていただきました。
当院は4駅4路線からアクセスできる便利な場所に位置し、地域にお住まいの方々からお勤めの方まで幅広い層の患者さんにご来院いただいております。落ち着きのあるブルーを基調に暖かみを感じるインテリアや、フラワーアレンジメントを配した内装は、老若男女問わずリラックスしていただけるような雰囲気を目指しました。診察室を中心として扇状に広がる待合、視力検査スペースは患者さんはもちろん、スムーズに診療できるようにスタッフの動線に配慮したバリアフリー設計となっています。
設備面も患者さんにかかる負担をなるべく減らしたいと考え、一体型の測定機や、目の状態をデジタル写真で解析・説明できる機器を揃えております。加えて、ものもらいの切開など簡単な処置ができる設備も整っています。
(丸の内線淡路町・都営新宿線小川町から徒歩2分 JR秋葉原から徒歩6分 JR神田から徒歩5分)

白内障と屈折矯正を専門に、患者様に最適な治療法を提案。

吉野 真未 院長

私の専門分野は、医局時代から研究を続けている白内障と屈折矯正になります。白内障はレンズの役割をする水晶体が濁ってしまい、見えづらくなってしまう病気です。そうなってしまった場合でも、眼内レンズを用いた外科手術を行うことにより視力を取り戻すことができるのですが、眼内レンズは単焦点・多焦点・乱視用など非常に種類が豊富で、年々新しいレンズが登場します。現在は患者さんの関心も高く、インターネットで見つけた新しいレンズや治療法をご自身で提示してくださります。しかし本当にそれが患者さんのニーズに合ったものなのか、まず体に適応するかどうかを見極めることが大事だと考えています。単焦点レンズは保険適用になりますが、多焦点レンズは先進医療の自由診療となります。高額なレンズだからと言って誰にでも高い効果が得られるわけではありません。患者さんにぴったりのレンズを、ゆっくり相談しながらご提案させていただくために、これからも日々新しい知識を取り入れ頑張っていきたいと思います。
また、月曜日の午後は大学と連携して緑内障外来を、金曜日の午後は角膜外来を開いており、今後は網膜外来も行う予定です。判断が難しい症例でも専門の医師同士でディスカッションを重ね、協力して治療に当たっていますので是非ご利用ください。

患者さんの不安を払しょくする丁寧な説明がモットー。

しっかりと患者さんの『目を見て』丁寧にお話することを常に心がけています。検査で目を見させていただく時はもちろん、状態を説明する時も、患者さんのお顔を見てちゃんと伝わるようにご説明させていただいてます。医学用語などの難しい言葉はパンフレットやプリントを用いて図解でお見せしていますし、検査時に撮影したデジタル画像を通じて具体的に解説して、患者さんがしっかり理解・納得できるように気をつけています。もちろん一度に全部理解していただく必要はありません。少しずつ、ゆっくりと理解していただけるように、スタッフも含めホスピタリティを持って患者さんと接するようにしています。また、患者さん本人だけでなく、ご家族の方でもわからないことや不安なことがあればすぐにおっしゃってください。
治療をして薬を出すだけでは一人よがりのインフォームドコンセントになってしまいます。今後も患者さんの目線に立ち、コミュニケーション重視の診療を続けていきたいですね。

これから受診される患者さんへ。

開業前のことになりますが、90歳を超えるご高齢の方の手術をさせていただいたことがありました。本来の年齢よりも若々しく、手術翌日もお元気でいらっしゃったのですが、一週間後の検査には来られなかったんですね。心配していた矢先、ご家族からその方が天寿を全うされたと伝えていただきました。私自身とてもショックだったのですが、その方はテレビでお相撲を見ることが大好きで『こんなにお相撲が綺麗に見られるなんて…』とすごく喜んでくださっていたそうです。たとえ短い時間でも、患者さんに満足していただける手術ができたことは、最高の医療ができたということ。その後白内障の手術を頑張る励みになりましたし、もっと勉強してたくさんの方の力になりたい、とより強く思うきっかけとなりました。

当院では、問診票に検査の必要の有無を記載していただいてます。すぐに処置のご希望の方はまず処置を行っています。小さな異変でも大きな病気が隠れていることもありますので、少し調子が悪いということでも、まずご相談にいらしてください。きっとお力になれるはずです。今後も、地域密着型のクリニックとして患者さんのクオリティ・オブ・ライフの向上と健康維持に貢献していきたいと考えていますので、是非一度ご来院ください。

※上記記事は2016.4に取材したものです。
時間の経過による変化があることをご了承ください。

吉野 真未 院長 MEMO

眼科専門医

  • 出身地:東京都
  • 趣味・特技:フラワーアレンジメント
  • 好きな本:山崎豊子著作品
  • 好きな言葉・座右の銘:継続は力なり
  • 好きなアーティスト:DREAMS COME TRUE
  • 好きな場所・観光地:ハワイ

グラフで見る『吉野 真未 院長』のタイプ

エネルギッシュで明るく話しやすい先生

穏やかでやさしく
話しやすい
エネルギッシュで
明るく話しやすい

先生を取材したスタッフまたはライターの回答より

どちらかというと
穏やかで明るく話しやすいタイプ
穏やかでやさしく
話しやすい
エネルギッシュで
明るく話しやすい

先生を取材したスタッフまたはライターの回答より

CLINIC INFORMATION

  • Facebook
  • Twitter
  • Google+
  • YouTube 街の人の口コミ
  • YouTube 患者の口コミ
  • YouTube 病院徒歩ルート