千代田区ドクターズ  |  病院・クリニック・歯医者・動物病院の検索・口コミサイト

院長先生

― 医師(千代田区)―

会田 拓也 院長/あいだ希望クリニック(神田駅・婦人科)の院長紹介ページ

会田 拓也 院長

TAKUYA AIDA

世界でも数少ない自然周期法の専門医院が行う、心とからだにやさしい不妊治療。

順天堂大学卒業後、産科婦人科教室入局。その後は複数の病院で現場の経験を積みつつ不妊治療の研究を継続、自然周期治療の技術を修得。2014年、神田駅そばに開院。

会田 拓也 院長

会田 拓也 院長

あいだ希望クリニック

千代田区/内神田/神田駅

  • ●婦人科

史上初の顕微授精成功。あの感動があったから今がある。

会田 拓也 院長

私が中学生のとき、海外で顕微授精が成功したというニュースを見ました。精子を卵子に注入して受精させるという、神秘的な分野に強く惹きつけられましたね。そのときの印象が強かったので、医学部の受験を志したんです。そうはいうものの、大学に入学してすぐの時はさほど専門性を意識することなく、「医学」というもの全般を学ぶことに楽しさを感じていました。「テストでどうやったらいい点がとれるか」などを友人と話しながら、いわゆる大学生活を過ごしていたんですよ。そうこうしているうちに、専門を決める段階になり、改めて「なぜ、自分は医者になりたいと思ったか」ということを自問自答したんです。そして、中学生のときのあの感動を思い出しました。「そうだ。あの感動があったから今があるんだ」と再認識したんです。そこから産婦人科医になり、不妊治療の分野に進むことを決めました。

不妊治療の第一人者の「自然周期治療」技術を修得。

会田 拓也 院長

卒業後は、大学病院などを回り、現場に立ちながら不妊治療の研究を続けていました。産婦人科医になってからは、ほとんどの時間を不妊治療に携わってきたと言えます。『あいだ希望クリニック』の軸となっている「自然周期治療」に出会ったのは『加藤レディスクリニック』でした。不妊治療の第一人者で、2014年に逝去された加藤修先生の最後の弟子として、直々に指導していただくことができたんです。そのときに得た経験が、開業の際の大きな財産になっています。

神田に婦人科の「あいだ希望クリニック」を開院したのには2つ理由があり、1つは母校の順天堂大学に近いこと。大学がお茶の水にありましたから、土地勘のあるところがいいなと思っていました。もう1つは、JR神田駅から徒歩3分・都営新宿線小川町から徒歩5分でアクセスが便利だということです。不妊治療は遠くからお越しくださる患者さんも多いので、東京駅から近いほうが、新幹線を利用なさる方も不便なく通っていただけると思いました。また、神田駅が小さいのもポイントです。東京駅や新宿駅は駅が広いぶん外にでるのに多少時間がかってしまいますが、神田駅が小さいので電車から降りてすぐに外にでることができます。この点もよかったですね。

まだ出会えていない卵子と精子に出会いのチャンスを。

会田 拓也 院長

当院は「心とからだにやさしい不妊治療」を施す院でありたいと考えています。そのために必要なのは、「必要なことのみをすること」です。現状の不妊治療は、体外受精を成功させるために、たくさんの卵子をつくりましょうという方向に話が進んでしまいがちです。でも、哺乳類で一気に10個の卵子をつくるという発想自体に無理がある。ただ、「自然周期法」を採用することで、このように不自然な点を持ったままではなく、自然に妊娠することができます。

不妊治療の最中によく聞く「タイミングをはかりましょう」というのを、私は「よけいなお世話」だと思っています。タイミングが必要なんだと患者さんが思い込んでしまうことで、神経質になってしまい夫婦げんかになってしまうこともあるでしょう。検査をすると7割くらいの方の卵子や精子には異常がなく、ただ「出会っていない」だけなんです。その出会う機会をつくるためにサポートするのが当院の役目だと思っています。

「自然周期法」は、体にとって最も負担の少ない不妊治療。

なぜ妊娠しないのでしょうか?それは、体内で精子と卵子が出会わないからです。出会う機会がないから妊娠しないのです。精子と卵子が出会う機会を作れば妊娠するのだから、その機会を作ろうという考えに基づいたのが「自然周期法」です。不妊治療ではありますが、ほぼ、自然妊娠と同じだと考えて下さい。薬を飲んだり、注射をしたりということはありませんので、卵巣にかかる負担を減らすことができます。こういった意味で、体にとって最も負担の少ない不妊治療だと言えるでしょう。世間では、不妊治療とは特別なことなのではないかという意識を持っている方もいらっしゃいますが、「自然周期法」は何ら特別なことではありません。このことをきちんと知っていただきたいと思っています。子供さんが生まれて長く続く人生の中で、最初の数日間をこちらで診ているだけなのです。受精したら、妊婦さんとしての生活、出産という流れも自然妊娠の方と変わらないんですよ。

これから受診される患者さんへ。

当院には、幅広い年齢層の方、また、広域の患者さんも多く通っていらっしゃいます。私は妊娠しにくいのかもしれない…。そんなお悩みをお持ちの方も子供が欲しいなと思ったら、勇気を持って当院に来て下さい。院の前に大きな看板がでているわけではありませんので、中に入る時に緊張する必要もありません。初診である程度の状況を把握することができるので、それに基づいてその後の方針をお話しします。もし不妊の原因がすぐには分からなくても、そのなかでどうしていけばいいかを考えていきますので、「無理なんじゃないか」と思わずになるべく早く受診していただきたいですね。無事、妊娠が判明したら、産婦人科さんに紹介状を書くこともできますので、患者さんの地元の産婦人科に通っていただけます。

院内は、待合室のスペースを広くとってありますので、プライバシーも守られると思います。
ご夫婦それぞれのペースで治療と向き合ってください。「不妊治療」をするというのに、勇気がいることは十分承知していますが、あまり気負わずに相談にいらしてほしいなと思います。

※上記記事は2014.07に取材したものです。
時間の経過による変化があることをご了承ください。

会田 拓也 院長 MEMO

産婦人科専門医 / リハビリ・麻酔系

  • 生年月日:1971年12月9日
  • 出身地:埼玉県
  • 血液型:B型
  • 趣味・特技:アイスホッケー
  • 好きな本:推理小説
  • 好きな映画:インディ・ジョーンズ
  • 好きな言葉:一生懸命
  • 好きなアーティスト:小田和正
  • 好きな観光地:バリ、那須

グラフで見る『会田 拓也 院長』のタイプ

穏やかでやさしく話しやすい先生

穏やかでやさしく
話しやすい
エネルギッシュで
明るく話しやすい

先生を取材したスタッフまたはライターの回答より

どちらかというと
穏やかで明るく話しやすいタイプ
穏やかでやさしく
話しやすい
エネルギッシュで
明るく話しやすい

先生を取材したスタッフまたはライターの回答より

CLINIC INFORMATION

  • Facebook
  • Twitter
  • Google+
  • YouTube 街の人の口コミ
  • YouTube 患者の口コミ
  • YouTube 病院徒歩ルート