千代田区ドクターズ  |  病院・クリニック・歯医者・動物病院の検索・口コミサイト

院長先生

― 獣医師(千代田区)―

青野 和美 院長/ロッソ動物病院(その他・犬)の院長紹介ページ

青野 和美 院長

KAZUMI AONO

飼い主さんに一番近い街の獣医師として、飼い主さんペットの安心をつくる。

酪農学園大学獣医学科卒業後、東京大学農学部付属家畜病院に研究生として2年間在籍。その後、いくつかの動物病院で勤務医として経験を積んだのち、都営新宿線 曙橋徒歩1分の場所に開業。

青野 和美 院長

青野 和美 院長

ロッソ動物病院

千代田区/新宿区住吉町7-2 加藤ビル1F/曙橋駅

  • ●犬
  • ●猫

この道を志したきっかけと、現在に至るまでの経緯についてお聞かせください。

青野 和美 院長

小学校2年生のときに愛犬を交通事故で亡くしまして、そのときに感じた悲しさや悔しさが、獣医師の道を志す上での“原点”になったことは間違いありません。とは言えその後、そうした気持ちをずっと変わらずに持ち続けていたわけではなく、感覚としては、普段意識はしないけれど心の奥底に何か引っ掛かりを覚える、そんな感じで日々過ごしていました。その引っ掛かりの正体に改めて思いを巡らせるようになったのは高校生になってから。進路を決める際、小学校2年生のときに抱いた「獣医師になって動物の命を救いたい!」という気持ちが再び蘇り、酪農学園大学獣医学科に進学し卒業後は東京大学農学部付属家畜病院、(現在の東京大学動物医療センター)に研究生として2年間在籍。その後、いくつかの動物病院で勤務医として経験を積んだのち、約7年前に当院を開業しました。
この場所には以前、チェーン展開をしている別の動物病院がありました。実は私はそこで雇われの院長をしていたのですが、グループの経営方針もあって閉鎖されることに……。もちろん、通院・入院中のワンちゃん・ネコちゃんたちもたくさんいましたので、閉鎖されるからと言って、そのまま見放してしまうなんてことはとてもできません。私自身は元々、開業志向は持っていなかったのですが、そうしたワンちゃん・ネコちゃんたちのためにということで、当時既に40代後半、かなり遅咲きですが(笑)、開業医としての人生をスタートさせて現在に至っています。

『ロッソ動物病院』についてご紹介ください。

青野 和美 院長

当院の診療対象動物はワンちゃん・ネコちゃんとなっています。なかにはどんな動物でも診察されるオールラウンドな先生もいらっしゃいますが、私の場合は、より飼い主様に寄り添った診療やアドバイスをさせていただきたいという考えから、自分自身が実際に飼ったことのある(だからこそ飼い主様の気持ちがよくわかる)ワンちゃん・ネコちゃんのみに敢えて限定しています。獣医師ですから、ワンちゃん・ネコちゃんに限らずさまざまな動物の身体や病気に関する「知識」はもちろん持っているつもりですが、学校で得た机上の知識と、実際に飼ったことがあるという経験に基づく知識はやはり別物。動物医療の世界でも、最近は専門病院や専門医も増えてきていますので、仮に当院での診療が難しいと判断された場合には、必要に応じてそうした専門病院や大学病院を適宜ご紹介させていただいています。

ワンちゃん・ネコちゃんを室内で飼われる方が増えているようですが?

青野 和美 院長

当院の患者様(飼い主様)は近隣の方が大半で、マンションが多い場所柄もありますが、来院するワンちゃん・ネコちゃんたちの9割以上はやはり室内で飼われていますね。そのこと自体に特に問題はないのですが、室内で飼っているがゆえに生じやすい病気や事故なども少なからずありますので、その点は注意が必要です。
たとえば肥満もそのひとつ。小型犬であれば、散歩に行かなくても室内の運動だけで十分なこともあります。むしろ運動不足以上に肥満の原因となっているのは食事でして、室内で飼っているとどうしても間食をさせてしまいがち。それに加えて、通常の食事の質と量が適切でないことも少なくありません。肥満気味のワンちゃん・ネコちゃんの飼い主様からは普段の食生活をよく伺ったうえで、ダイエットのアドバイスなどもさせていただいています。
そして、室内で飼っているがゆえのトラブルとしてもうひとつ見過ごせないのが誤飲です。特に注意が必要なのは、人間が服用している薬をワンちゃん・ネコちゃんたちが誤飲してしまうケースで、最悪の場合には死に至ることもあります。引き出しの中にしまっておく程度では不十分。誤飲を防ぐためにも、ワンちゃん・ネコちゃんたちが絶対に開けられないような容器に入れるなどして厳重に保管・管理するようにしてください。

仕事をする上で心がけていることを教えてください。

「心がけ」とは少し違うかもしれませんが、年中無休で診療を行っています。当院は特別な機器や設備をそなえた大型病院ではなく、あくまでも「町の診療所」。言ってみれば、地域の皆様にとって身近なホームドクターのようなものです。であるからこそ、困ったことがあったときにはすぐに相談していただけるように、お正月も含めて休診日は設けておりません(学会・セミナー等で休診する場合もありますので、必ずHPのお知らせをチェックして下さい)。また緊急を要する場合には、時間外の診療につきましてもできる限り対応させていただいておりましす。(ただし、時間外、特に深夜につきましては当院を受診されている患者さんに限らせていただいております。)
あとは、当院は原則予約制とさせていただいているのですが、これは1回1回の診察時間を十分に確保するため。時間をかけて飼い主様からじっくりとお話を伺い、こちらからもしっかりと丁寧にご説明させていただく――。大型病院に勤務していたときには、時間に追われてなかなかできない部分でしたので、個人病院ならではのフットワークの軽さを活かして、飼い主様とのコミュニケーションにつきましてはより一層大切にしていきたいと考えています。

最後に、サイトをご覧になられる皆様にメッセージをお願いします。

私自身もワンちゃん・ネコちゃんを飼った経験がありますので、病気や怪我に関することだけでなく、飼い方・育て方に関するご質問やご相談も大歓迎です。何かわからないことや困ったことがありましたら、どうぞお気軽にご相談ください。当院は予約制になっておりますので診察、トリミング、ペットホテルをご利用の方は必ず一度お電話を頂きご予約下さい。初めての方は必ず一度診察を受けてからお預かりしております。
なお、電話でのお問い合わせも受け付けていますが、ご相談の内容によっては、やはりワンちゃん・ネコちゃんの実際の様子を見てみないことには判断できないこともございます。そのときにはお手数をおかけしますが、予約をしてご来院いただいてから、改めてご相談いただければと思います。
また、当院ではペットホテルとトリミングのサービスも提供させていただいています。病院併設、すなわち常に獣医師がそばにいるということで、より安心感を持ってご利用いただくことができるものと思います。こちらのご利用も心よりお待ちいたしています。

※上記記事は2014.8に取材したものです。
情報時間の経過による変化などがございます事をご了承ください。

青野 和美 院長 MEMO

  • 出身地:徳島県
  • 趣味・特技:バイク(ツーリング、レース)、スキューバーダイビング
  • 好きな言葉:完全燃焼
  • 好きな音楽:ロック、ジャズ、フュージョン、ワールドミュージック
  • 好きな観光地:伊豆、箱根

グラフで見る『青野 和美 院長』のタイプ

エネルギッシュで明るく話しやすい先生

穏やかでやさしく
話しやすい
エネルギッシュで
明るく話しやすい

先生を取材したスタッフまたはライターの回答より

どちらかというと
穏やかで明るく話しやすいタイプ
穏やかでやさしく
話しやすい
エネルギッシュで
明るく話しやすい

先生を取材したスタッフまたはライターの回答より

CLINIC INFORMATION

  • Facebook
  • Twitter
  • Google+
  • YouTube 街の人の口コミ
  • YouTube 患者の口コミ
  • YouTube 病院徒歩ルート